安田工務店・山口建設


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

給湯器は今住んでいる物件やガスの種類で最適な物を選んで交換しましょう。間違えるとお湯が出ないどころか火災などの事故が起きるリスクもあります。現在利用しているガスの種類が確認しておきましょう。ガスに対応してないと異常燃焼や不完全燃焼を起こす危険性があります。最悪、一酸化中毒で命にかかわるので気を付けましょう。自宅にある機器パンガス(LPガス)か都市ガスが明記されているはずです。都市ガスはさらに「13A」や「5C」などの規格で分かれています。プロパンガスは統一されているのでプロパンガス対応機器ならOKです。ラベルが劣化していて確認できないなら工事前にガスの種類を確認してもらいましょう。給湯器も仕様によってガス・石油・エコタイプの3種類に分かれてきます。ガス給湯器はガスを燃やして水を加熱します。給湯能力が高くて初期費用が安いのが強みです。本体がコンパクトサイズになり狭い住宅やマンションに取り付けることが可能です。石油給湯器は石油を燃やして機器を加熱しお湯を沸かします。燃焼能力が高いので寒い地域でもお得に使うことができます。灯油を使う特性上、原油価格の変動に影響を受ける点は注意しましょう。エコ給湯器は電気を熱源とするエコキュート、ガスならエコジョーズかエコウィルとなります。初期費用が高いですが、その分年間の料金が安く抑えられます。エコキュートはフロンガスではなく二酸化炭素を使うことで結果的にガスの使用量を抑えられるのです。捨てるはずの排熱を利用するのがエコジョーズとエコウィルになります。地球環境にやさしくコストもお得なのがエコ給湯器となります。寿命は15年以上としており、交換後も長く利用できるのが魅力です。給湯器にはメリットとデメリットがあります。交換のタイミングで違う製品を検討してみても良いでしょう。エコキュートとエコウィルは貯湯タンクユニットなど設置するスペースが必須です。ユニットを置く場所を確保してから買い替えや交換をしてください。
Tagged on: ,安田工務店・山口建設