JSP

セルフレジ・セルフオーダー・キャッシュレス券売機「JSP」。キャッシュレス化、多言語化に対応することで機会損失も防ぐことができます。JSPは店舗のセルフ化、省人化を低コストで実現します。安心の365日24時間サポート体制が整っております。まずはお気軽にご相談下さい。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

近年の感染症の流行を受けて、人との接触をできるだけ避けるために、飲食店でもセルフレジを導入するお店が増えてきました。これまではセルフレジと言えば、大手スーパーなどの大型店以外で見かける機会は多くありませんでしたが、個人経営の小さな飲食店でも利用され始めています。飲食店にセルフレジを導入することで、大きく分けて二つのメリットを得ることができるでしょう。一つ目のメリットは、会計時の間違いが減ることです。人の手によって会計を行うと、入力間違いや釣り銭の渡し間違いなどのヒューマンエラーをゼロにすることはできません。小さな金額のミスが積み重なれば、大きな損害となってしまうでしょう。一方、セルフレジでは機械が正確に会計を行うため、ヒューマンエラーによる間違いを完全に防ぐことができます。二つ目のメリットは、お店の清潔さをアピールすることができる点です。一般的に小規模の飲食店では、調理や配膳を行うスタッフと会計を行うスタッフは同じ方が担当します。もちろん会計を終える都度、手を消毒したり、使い捨ての手袋をはめたりという対策を講じている飲食店が多いですが、それでもお金を触った手で料理を触って欲しくないと感じるお客さんもいらっしゃるでしょう。そこでセルフレジであれば、スタッフがお金に触れる機会を減らせるため、より清潔であることをお客さんに印象付けられます。また、冒頭にも述べたように、感染症対策としてスタッフとお客さんの接触を減らすことにも有効です。以上のように、飲食店にとってもメリットの多いセルフレジの導入ですが、経験のない店舗がいきなりやるにはハードルが高いと思っていませんか。ところが最近では、初めてのお店でも低価格で簡単にセルフレジを導入できるサービスがたくさんあります。これらのサービスでは、導入から稼働までトータルでサポートを受けられるので安心です。セルフレジの導入に興味のある飲食店の方は、ぜひ利用を検討してみてください。
Tagged on: ,JSP