[Pao@Office] ソフトウエア設計・開発・販売

Excelで簡単にバーコードやQRコードを作成!AccessやWordでバーコードを作成する手順も紹介


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

店舗によっては、バーコードを読み取るためのセンサーを使用しています。その代表例はコンビニです。コンビニで買う商品をレジに持ち込みますと、お店の従業員はセンサーを使ってバーコードに光を当ててくれます。バーコードの情報を読み取るセンサーを使って、商品の値段などを読み取ってくれる訳です。ちなみにバーコードの数字は、手入力されるケースは殆どありません。数字を手入力する事も一応可能ですが、少々時間がかかってしまいます。手入力ですと、数字を間違えてしまう可能性もあります。それよりもセンサーを使用する方が、正確な数字を読み取れる傾向があります。センサーを導入するメリットは大きいので、購入を検討している方も少なくありません。どうすればセンサーを買えるかというと、通販サイトを活用している方が多いです。いわゆるウェブ通販を活用して、センサーの機械を買っている方も少なくありません。ただ読み取り用の機械を買うにしても、通販会社は慎重に選ぶ方が良いという声も多いです。通販は、それぞれ品揃えも異なるからです。例えばAという通販会社の場合は、20種類のセンサーを取り扱っているとします。それに対してBという通販会社は、30種類です。後者のBのように品数が多ければ、それだけ選択肢も広がります。品数が多いかどうかは、通販サイトを選ぶ基準の1つになる訳です。ですから通販でバーコードの製品を買いたいと思っている方は、専門性を確認しているケースも多々あります。そもそも通販会社は、それぞれ専門性は異なります。店舗用の業務機器に特化している通販会社もあれば、幅広い品物を取り扱っている通販会社もあります。前者のような通販会社であれば、自分が求めているセンサーの機械をスムーズに見つけられる事も多いです。また送料も軽視できません。通販サイトによっては送料が若干高めになってしまうケースもありますから、郵送料に関するルールも確認しておく方が無難です。
Tagged on: ,[Pao@Office] ソフトウエア設計・開発・販売