いずみ葬祭


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

人生のエンディングは、みんなに訪れる出来事です。まだまだ先の出来事だと思っていても、いざという時に向けて準備しておきましょう。葬儀に関する話し合いは確かにデリケートですが、家庭内で定期的にコミュニケーションを交わしておきたい物事です。最近は終活やエンディングノート等のワードが、巷で流行っており、ひと昔前に比べて葬儀関連の話題もお茶の間で比較的出しやすくなりました。もちろんオブラートに包む必要はありますが、年配の方々と時には葬儀について、どんなスタイルが良いか、我が家はどういった文化を受け継いできたか、話し合ってみるのも良いかもしれません。案外同じ実家で長年暮らしてきた家族同士でも、葬儀への考え方に違いがあるかもしれませんので、その確認作業は大事です。これまで通り祖父祖母の時代の慣例を受け継いで、我が家も今後葬儀やお墓の伝統を守っていくのか、それとも自分たちの代で新しいスタイルに変えるのか、こういったすり合わせは想像以上に要ります。地元の町田市では、どんなお葬式やお墓のスタイルが浸透してきているのか世間の様子を改めて知る事も大事です。長年町田市で暮らしている親せきの方々に知恵を借りてみるのも良いでしょう。古き良き時代の伝統文化を守りながらも、我が家の葬儀を少しコンパクトにしたい、そんな時も地元の歴史に詳しい方々にアドバイスしてもらえば調整しやすくなるでしょう。他にも町田市の専門会社にコンタクトを取り、助言を受ける手段もあります。具体的な葬儀スケジュールが無くても、専門会社のスタッフは喜んで対応してくれるでしょう。改めてどんなお葬式の形があるのか、どれ位の料金が必要なるのがスタッフに案内してもらえれば、今後の良いヒントとなります。特に現実問題として費用の問題は重要です。おおよその費用だけでも事前に把握出来れば、兄弟姉妹の間で話し合い、その負担の割合を調整したりと柔軟な下準備が整えられるでしょう。
Tagged on: ,いずみ葬祭